医者

贅沢病と言われる病気

看護師

年々増え続けている生活習慣病の1つである痛風は、肉や魚などのタンパク質の取り過ぎやプリン体を多く含むビールなどのお酒の過剰摂取が主な原因とです。痛風を発症すると歩けないほどの激痛に襲われます。治療は薬物療法ですが、食生活と生活習慣の見直しも痛風の治療には欠かせません。

詳細を確認する...

適度な体調管理

看護師

痛風はもはや中年以降の男性に起こる疾患ではなく、誰にでも起こりうる疾患になってきています。治療、予防には日々の食生活を改善する必要があり、1度発症した場合、栄養士などの指導を素直に聞き入れ、実践しないと高確率で再発します。

詳細を確認する...

予防対策や効果的な薬

白衣

痛風の原因は、尿酸値が高まる食品やアルコールの大量摂取によって起こります。症状は、関節の痛みや炎症が一般的です。予防方法は水分を多く取ったり、魚卵やアルコールを控えることが大切です。痛風になった場合でも、症状に対応した薬が揃っています。

詳細を確認する...

若者に増えている病気

どのような症状が有るか

先生

日本では近頃、若者に増えている病気があります。それは、尿酸の結晶が血中に溜まって痛みを発症する痛風という病気です。一般的に痛風は西洋の病気でしたが、現在は食生活の変化で日本にも浸透しています。この痛風の症状はほとんどの場合、初期症状として患部がむずむずして違和感があります。そして次に足の親指の付け根が腫れて激しく痛むようになります。その後、膝や肘、手首や手の指の関節などにも痛みが広がりますが、痛風に伴う痛みは、普通に歩くことができない程だと言われています。この痛みはずっと続くわけでなく、数日後に徐々に改善して一週間くらいで治まります。しかしそのまま放置すると、尿酸が腎臓に蓄積して腎臓障害を引き起こします。そのため、すぐに病院で診断を受ける事が大事です。

食事で注意すること

痛風の治療一番大切なのは、体内の尿酸値を上げないことです。そのためには、尿酸値を上昇させる原因のプリン体を含む食品を減らす必要があります。例えば、干物、魚卵、白子、肉類などは避けたほうが良いでしょう。そして、尿酸値を排出する効果のある野菜を積極的に摂ると良いです。また、食品だけではなく、ビールなどのアルコールも血中の尿酸値を上げる原因となります。それからアルコールは、体内からの尿酸の排泄量を低下させる作用もありますので、なるべくアルコールの摂取量を控えるようにしましょう。そして、最後に痛風を解消するのに大切なのは、適度な運動を続けることです。運動をする事で、ストレスを解消して尿酸値を低下させるからです。ウォーキング、ストレッチなどできる範囲で行う事が大事です。