医者

予防対策や効果的な薬

症状の防止や緩和のために

白衣

高尿酸血症状態が続くことによって、関節の痛みをともなう発作を痛風といいます。痛風の発作を和らげるためには、水分を多く摂取することが大切です。大量に摂取することで、排尿をスムーズにし、余分な尿酸を排出できます。また、お酒などのアルコール飲料と上手に付き合うことも大切です。アルコール摂取は、尿酸値の上昇に関係します。そのため多量の飲酒や一気飲み、毎日飲むことは避けたほうが得策です。週に数日は休刊日を決め、上手くお酒を楽しむことが重要です。アルコールだけではなくプリン体の多い食品も注意が必要です。プリン体も尿酸値の上昇に関係します。魚卵やレバー、ビールなどに多く含まれていますから、多量の摂取は控えたほうが良いです。

効果的な薬

痛風に効果的な薬には、大きく2種類に分かれます。1つ目は、発作によって出る痛みや炎症を抑える薬です。2つ目は、痛風のきっかけとなる尿酸値を下げる薬です。痛みや炎症を抑える場合、アスピリンを主な成分とした薬は避けたほうが良いです。そして、イブプロフェンが有効成分となっている薬を選択することが大切です。イブプロフェンは、抗炎症作用や鎮痛作用に効果的なうえ、副作用も少ないです。尿酸値を低下させることで定評のある薬も存在します。この薬を服用することで、尿酸の合成を抑えてくれます。痛みを抑える薬も、尿酸値を下げる薬も薬局で購入することができます。しかし医師の診断によった適切な対策が、症状の緩和には重要です。