医者

適度な体調管理

長期間続けない

看護師

痛風は立っていられなく病院に救急搬送されるほど痛い疾患です。主な治療法は薬によるものとある程度大きい場合超音波等により石を粉砕することもあります。痛風は男性に多く、また男性の場合尿道が長いため排尿の度粘膜が傷つき、数日間痛い目をしなければなりません。痛風の主な原因は食生活であり、すきっ腹にビールが痛風発症の代表例です。しかしこれは1度や2度ではなりません。毎日食前に缶ビールを飲む習慣や居酒屋に頻度に通いビールを飲まない限り発症することは少ないです。一昔前までは痛風は中年以降、男性の病気でしたが、最近では若者や女性でも発症することがあります。女性の場合、尿酸値が男性よりかなり高くないと発症しないため、よほど重症です。

海藻類を食べる

すきっ腹にビールなどを飲まないと発症リスクが抑えられます。よって居酒屋の乾杯ではウーロン茶などのノンアルコール飲料を飲み、少し野菜等を食べてからお代わりとしてビールを頼むとかなり効果的です。その時には食べる野菜が海藻類であれば尚いいです。海藻類には尿酸値を下げる働きがあります。毎日の食事で少しでも海藻類を食べる心がけをすると予防になります。痛風は病院に通い、薬を服用しても治る疾患ではありません。薬により一時的に尿石ができにくい状態になりますが、薬が切れ、同じ食生活を続けている限り再発します。薬に頼ると再発するだけでなく、薬により肝臓に負担がかかるため、できるだけ早期に生活習慣の見直しを行うべきです。